ママ友ができたら気を付けておきたい3つの気配り

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

無事に幼稚園に入学、プレ保育から一緒にあがるお友達のママ達ともママ友関係ができ、ランチをしたりLINEで情報交換したり。
楽しいママ生活のスタートですが、ママ友仲間は一種の社会関係であるということを忘れてはいけません。お互いに持ちつ持たれつの関係でありながら線を引くところはきっちりと。そう、ママ友と楽しく過ごすには気配りが大切。ポイントをいくつか挙げてみましょう。

貸し借りやおすそ分け、気持ちのお返しを

趣味の合うママ友とは趣味のコレクションを貸しあったり、きょうだいのいるママ友にはおさがりをあげたり、沢山頂きものをしたらおすそ分けしたり。そんな関係がママ友とのコミュニケーションを豊かにします。筆者は幼いころから「あげ魔」と親に言われた程、しょっちゅう何かをあげています。妊婦のママ友には妊婦服のおさがりを、頂いた野菜がたくさんあったらおすそ分け、使い終わったおもちゃをきょうだいのいるママ友へなど。そんな時、私のママ友達は決まって「気持ちのお返し」としてスイーツをくれたりディズニーランドのお土産をくれたりと、気配りを忘れません。こちらとしては不必要なものを配っているのになんだか、と思いつつもそういう気配りは嬉しいもの。そんな素敵なママになりたいですね。

家に招待する?しない?

仲の良いママ友には家に遊びにきてもらいたい!筆者もまず自宅にママ友を招き、その後ママ友の家に遊びに行きました。でも中には、狭い家に呼べないな、と思っているママもいます。筆者のママ友グループでは、そんな家に呼べないママは正直に「うちは狭いから無理。ごめんね~。○○ちゃんちには遊びに行きたい♡」とLINEで言っています。呼んでもらったら私もお返しに、はしなくていいのです。それぞれの家の事情があります。時にはこのようにはっきりと言ってしまうのも気配りのひとつになるでしょう。

ちょっとした打ち明け話のつもり、でもほかのママには言ってはダメ!

筆者のママ友グループは、だいぶ仲が良くなり、個人的な持病の話し、旦那さんの癖、子供の悩みなども打ち明けあったりしています。あるママが旦那さんがお財布に厳しい、という話しを4,5人でいるときに話しをしていました。
筆者がグループではない別のママと子供連れでドライブしている時、たまたまそのママの話しがでたので、私はつい旦那さんのことを話しました。すると、その話を聞いたママは「あの人にそんな裏があったとは~」と感想を言ったのです。マズい!話すことじゃなかった!と初めて気づきました。他愛ない内容に聞こえていても、別の第3者にしてみたら楽しめる噂話に聞こえてしまうことがあるのです。ママ友の個人的な話しは、他のママには話さないで!もしも話しに尾ひれがついてへんな噂になったら困る人がでてきます。この時の筆者は気配りが足りませんでした。これを反省し、今後は話題に気を付けていこうと思っています。

ニイナコピーライター

投稿者プロフィール

コンニチワ。高齢出産で娘を出産した1児の母ニイナです♡
体力勝負の毎日です。

この著者の最新の記事

関連記事

口コミ大盛況グッズ


ページ上部へ戻る