他の子と比較してしまう・・・うちの子は大丈夫?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

きっかけは3歳児検診を前にしたハガキアンケート。「2語文はどれくらい話しますか?」という設問があり、まあ適当に10個くらい?と思って書いて投函しました。すると、その2か月後くらいに保健センターから電話がかかってきました。「言葉の遅れが感じられますね」全くそんなことに気を使っていなかったので(逆におしゃべりが盛んな方だと思っていた)一気に不安が襲ってきました。発達障害。知人に発達障害を持つお子さんもいますし、差別をする気持ちはさらさらなかったのですが、まさかわが子が、という気分でした。

3歳児検診でこころとことばの検診でひっかかる

フッ素塗布で訪れることが多い保健センターは娘は大キライ。そして各診断をしてぐったりとしたところで最後にこころとことばの検診が待ってました。3歳と3か月ほどで検診だったのですが、やはりことばは遅いようでした。また「お名前は?」という質問に娘は答えられませんでした。(なんとその翌日から言えるようになった)その後娘がひとり遊びしている様子などを観察(娘は疲れていて覇気がなかったのですが)、私は彼女は英語を習っていて、英語の単語をよく話すことなどを説明しましたが、あまり聞いてもらえず特異的にどこかが発達している場合がありますからねーと。なんだか完全に発達障害扱いです。結局経過観察ということで翌年の2月に再検診ということになりました。
なんだか、私は腹が立って、こちらの言っていることはあまり聞いてくれず、勝手に観察した様子でどんどん発達障害にあてはめていく保健師の態度にむかむか。帰りにちょっとお高い回転ずしに入ってやけ食いしたのを覚えています。

幼稚園で何をしてきたかを言える?

ママ友とグループラインをしていた際今日は幼稚園でエビカニダンスをやった、という情報を得ました。でもわが子は全く報告しません。我が家はイクメン太郎が毎日必ず「今日は何して遊んだ?」と娘に聞くのが習慣ですが、娘は何も言わないことが多かったです。他の家の子がみんな幼稚園のできごとを話しているのに、うちはなんで話してくれないんだろう・・・発達障害の可能性があるのかな・・・とつい思ってしまうこともありました。
担任の先生に、こういう検診にひっかかったので、何かあったら教えてくださいとお願いをしておきました。
すると、先生もびっくりして、娘は例えば滑り台やブランコ、最初はできなかったのもだんだんとできるようになり、確かに成長を感じていますよという返答をいただきました。そこから私は、気にするのはやめよう!と思うようになりました。
2月に再検診に行きました。すでに娘は自分の名前は言えるようになっていました。「簡単なテストをしてもいいですか?」と絵がかいてあるボードを娘に見せ、「座るものはどれ?」「着るものはどれ?」と質問をしていきます。娘の答えは「座るもの=自転車」「着るもの=テーブル」でした。保健師曰くこれは2歳半でクリアできる問題です。多分、お子さんは幼稚園などの生活で困っている場面があるはずです、と言われました。
幼稚園の先生は何も問題なしと言っていたし、本人が何かに困っているならそれでいいんじゃない?とすんなり割り切れました。やはり幼稚園の先生の心強い言葉が私を後押ししてくれたのだと思います。
今後のフォローがどうしますか、という保健師の言葉に、特に私たちは困っていないので、定期的な検診は要りませんと断りました。

心配をしてくれるのはありがたいこと。でも不安にさせるのはどういうことだろう?

転ばぬ先の杖と言いますが、何かあってからでは大変、と保健師および自治体がケアしてくれるのは悪いことではないでしょう。ですが、特に心配する必要もないことまで不安にさせられる検診っていうのはどうなんだろう?と筆者は感じています。発達障害などは専門家が見つけてくれる物ではあるとは思いますが、今思うと「決めつけ」で話しをすすめられた感が否めません。
現在娘は年少にあがり、どんどん言葉も増え、幼稚園であった出来事も話してくれます。先日は帰宅すると鞄を漁るので何かと思ったら、
「おかあさん、はい!」と母の日のカードをプレゼントしてくれました。とてもとてもうれしかったです。これからも、幼稚園の担任の先生と連絡を密にして、娘の成長を見守りたいと思います。

ニイナコピーライター

投稿者プロフィール

コンニチワ。高齢出産で娘を出産した1児の母ニイナです♡
体力勝負の毎日です。

この著者の最新の記事

関連記事

口コミ大盛況グッズ


ページ上部へ戻る