高齢出産のリスクと5つの対策

SN3S0429

30代後半に結婚したので40代に入った今、出産を希望しています。
正直、怖いのです。
40代で無事に出産している人の話が聞いてみたいです。
怖いのは、何が起こるのかわからないのが怖いんです。
無事に妊娠して子供を産むにはどんな対策が必要ですか?
かわいい赤ちゃんをこの手に抱きたいです。
新しい家族を迎えたいです。

このような悩みを抱えた女性がいま、たくさんいらっしゃると思います。
今回は、「高齢出産」について、詳しく解説していきましょう。

高齢出産て何?

医学上35歳以上の妊娠・出産が高齢出産、50歳以上の閉経後の女性が妊娠・出産することを超高齢出産といいます。
35歳に特別何かが起こるというのではなく、高齢出産のリスクは30歳を超えたころから徐々に高まるもの。
ですから35歳を境として急に危険性が高まるわけではありません。
今の世の中35歳以上で妊娠・出産する人は増えています。
最近では初産婦・経産婦を区別せず、「年齢」に着目した分類方法が優先されています。
女性の社会進出や晩婚化が進むとともに結婚・出産を先のばしする人が多くなり、高齢出産は当たり前のものとなりました。
しかし、何かしらリスクがあることを忘れてはなりません。高齢出産ならではの喜びは、リスクの上に成り立っています。
そうしたリスクを受け入れること、それが高齢妊娠、出産には必要不可欠です。
ですが、ただただ不安を募らせることもないでしょう。
医学の発達によって精子や卵子が凍結できるようになり、最近では人工ホルモンを注射し続けることで、閉経後の女性でも妊娠・出産が可能なのです。
50代の女性も妊娠・出産する可能性があるという点で、「もう産めないかも知れない」と思っている40代の人にとって、高齢出産、というプレッシャーが緩和されるでしょう。
また、有名人では江角マキコさん永作博美さん松嶋尚美さんらが42歳で出産しています。
不妊治療ののちに2人産んだ東尾理子さんの話も有名ですね。
妊娠中は健康管理だけでなく<不安を取り除く練習>が必要です。
これで年齢というプレッシャーは乗り越えられるのです!

どんなリスクがあるの?

妊婦検診では必ず血圧を測りますが、それ以外の時でも血圧を気にしていたほうがよいですね。なぜなら以下のようなリスクがあるからです。
1.妊娠高血圧症候群
2.染色体異常が発生しやすくなる(ダウン症)
1は、高血圧、頭痛やめまい、倦怠感などが現れます。妊娠経過に伴って血圧が徐々に上がると、尿蛋白が出るようになります。
早発型:妊娠20~32週未満で発症する
遅発型:妊娠32週以降に発症する
早発型の方が重くなる傾向に。
そして特徴的な自覚症状に「むくみ」があります。ただし、むくみは妊婦さんの約30%に起きるので、妊娠高血圧症候群かどうかはっきりしません。そのため、そのほかの症状に着目しましょう。
症状が進行すると母体への負担も大きくなります。

・子癇発作/しかんほっさ:けいれんを起こして命にかかわることもあるります。
・常位胎盤早期剥離/じょういたいばんそうきはくり:正常な位置にある胎盤が胎児の娩出よりも前に子宮壁から剥離され大量出血を起こします。
脳出血、肺水腫、肝機能や腎機能の障害などを合併する場合もあります。

2は正式名称を「ダウン症候群」といい、21番目の染色体が3本あるために起こる、先天性疾患です。
21番目の染色体が3本あることで
1)精神発達の遅れ
2)特有の顔だち
3)多発奇形/たはつきけい、が見られる
根本的な治療方が残念ながらいまのところないために、症状に応じた治療が行われます。
ですが、学校を卒業し、就業されている人も少なくありません。
平均寿命は約50歳といわれていますが、平均なので、50歳を過ぎても健康に暮らしている人はたくさんいます。

リスクを減らそう!

筆者の周りにも多かったのがなんとなく不安だからと婦人科にかかるのをためらう女性。
これは女性の持つ素晴らしい機能のチェックを怠っているということ、ケアをないがしろにしているんです。
妊娠出産がまだ先のと思わずに、そのときが来たら自分が困らないよう、妊娠力を低下させないカラダ作りをしましょう!
そして、高齢出産のリスクを少しでも軽くしておきましょう。

高血圧や糖尿病の予防

高血圧といっても、少し高いくらいだと本人が気づかない場合も。30代後半になると徐々に症状が表われてくるそうですが、妊娠をして、はじめてそうだったんだ、というのを絶対避けましょう!
検診や治療を受け症状を認知することが大切です。
高血圧も糖尿病も体質的なものがあります。
すべての人が適切に予防できるとは限りませんが、筆者の友人は母親が高血圧で、なんとなく自分も計測してみたら高血圧だった、という例があります。両親が高血圧を持っていたら要注意です。

乳がん検診

日本人女性の20人に1人が乳がんを発症する時代です。乳がん検診は必ず受けましょう!

子宮頸がん検診

30代になると増える疾患、積極的に検診を受けましょう!

子宮ケア

子宮筋腫や子宮内膜症が高齢出産のリスクを高めます。これらを予防するにはピルの使用よいとされていますが、予防できるかどうかは疾病の種類にもよります。
必ず予防できるとは言い切れません。
ピルを使用したい人は婦人科医に相談しましょう。

体力作り

妊娠、出産には体力の維持は欠かせません。
軽いウォーキングでもよいので、継続して行いましょう。
朝のラジオ体操もよいですね!
筆者は結婚願望と出産願望が強かったため、30歳半ばで結婚の見通しが立っていなかったのですが、出産できる体作りをしておこうと思い、太極拳を習いました。
そのせいなのか、実際出産するとき呼吸法が非常にうまくでき、助産師さんに褒められました。
体力づくりはなにも出産だけにメリットがあるわけではないので、進んで生活に取り入れましょう。

まとめ

高齢出産のリスクと対策をまとめましたが、色々奥が深い問題だということがお分かりいただけたでしょうか?
無駄に不安を募らせないというのは気持ちの切り替え術かもしれませんね。
普段から、落ち込んだりしたときに、自分がどうやって正常に戻しているか認識しておくことが必要でしょう。
婦人科への来院も、変に不安にならず、健康診断の一環と考えぜひ受診してくださいね!

ニイナコピーライター

投稿者プロフィール

コンニチワ。高齢出産で娘を出産した1児の母ニイナです♡
体力勝負の毎日です。

この著者の最新の記事

関連記事

口コミ大盛況グッズ


ページ上部へ戻る