a0006_001817

共働き。今では、珍しくないですよね。
パートからフルタイム。フルタイムから正社員。
帰宅時間は、夜18時半。
ここまで続けてくるまでには、たくさん育児と仕事との間で葛藤がありました。
そんな私の経験をお話します。

 

子供が3歳までは、家にいて、子供と過ごしていました。生活の足しにと、内職やハンドメイドをネットで販売したりしながら、子供との時間を長く取り、生活していたので心や体にも、ゆとりがあったように思います。
転機がきたのが、主人が仕事を辞めたことでした。なかなか、思うように次の仕事が決まらず、減っていく貯金。焦った私は、働きに出ることにしました。





保育園へ子供を預ける・そして延長保育

最初は、パートで仕事に出ました。
子供は、慣らし保育を経ても、毎朝、号泣。
「やだ!やだ!」と泣き、先生が抑えつけている間にダッシュで保育園を去るという毎日。
迎えに行くと、毎日、保育園の庭から保護者が迎えにくる方を眺めているのです。
それは、もう、胸が痛くて。毎日、つらかったです。
でも、いつか慣れてくれるはず!!と必死に我慢しました。
保育園の先生も、「すぐに慣れますよ」と・・・でも、うちの子供は半年経っても泣く生活でした。
そして、保育園に預けたばかりの頃は、とにかく、病気になる!!

治っては、風邪ひき、治っては、風邪ひき。繰り返しでした。
そのたび、職場に遅刻と早退の連絡をするのですが、私の勤務した職場は働くお母さんが多く、そこは、とても理解があり、みんなでカバーしあうという体制でした。
なので、最初の2年は「家事と育児と仕事の両立」を一人でうまくできていたように思います。

自分の中で「つらい」と思い出したのが、子供が保育園の年長さんになり、フルタイムの仕事に変えてからのことです。
フルタイムになり、もともとやりたかった仕事だったこともあり。仕事に遣り甲斐が出て、楽しくなり、人を指導する側になりました。
朝8時から夜18時まで勤務。少し遠かったこともあり、保育園の延長保育に子供を預けることになりました。
お迎えに行く頃には外は真っ暗。
そして、必ず、うちの子供が1番最後のお迎えでした。
どんなに寒くても外で待っている子供の姿を見ると、毎日、申し訳なく思いました。
その分、日曜の休日はとにかく子供との時間を大切にしていました。
それでも、育児と仕事・家事との両立が難しくなってきたのがこの頃です。
買い物をして帰宅すると食事が20時を過ぎることもあり、お風呂に入れて、寝かしつけをして、家事をしているとあっという間に深夜になっていました。
そんな時に、旦那の

「ご飯は?」の一言、ほんとにむかつくんですよね!!
de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

小学校へ上がる・児童館へ

子供が小学校へ上がり、児童館へと入るようになりました。
最初こそ、楽しく行っていたものの、そのうち、「僕、家で一人で待てるよ」と言うようになりました。
ある雪の日、迎えに行くと、雪が降る中、一人で外に立っている子供の姿が!!
先生に「なぜ、寒いのに中で待たせてくれないのですか?」と聞くと、その職員さんは言いました。

「お母さん。19時まで預かります。となっていますが、あれは、私たち、職員が19時には帰宅しますという事です。だから、帰宅準備も考えてその15分前には来てもらわないと困ります」と・・・

それは、もう、衝撃でした。
そんなこんなで、小学校1年にして、息子はかぎっ子となり、家で一人待つことになります。
最初は心配で仕方なかったのですが、(心配でトイレ休憩のたびに家に電話していました。)一人遊びが好きな息子にとっては天国だったようです。
むしろ、今までがつらかったようです・・・

父親の協力は?

よく、共働きで喧嘩の原因となるのは、「夫の協力がない」ですよね。
うちは、皆無でした。
でも、最初の頃は腹も立ちましたよ。
でも、言うだけ損だと思い出したんです。
やってもらっても、逆に多く手間がかかる。時間もかかる。
慣れてない分、教えることから始めないといけない。
それなら、自分でやってしまった方が早い、という結論にたどり着きました。
諦めたら、期待もしないので、腹が立つこともなくなりました。

諦められたら、終わりだよ。という言葉もありますが。。。
夫がそれに気づいているのかは知りません。
あ!!ご主人の協力があることが、一番いいことなので!!
うまく育ててくださいね。

フルタイムから正社員の仕事へとなり、今は土日は完全休みになりました。
長い共働き生活で、すっかり生活や時間も慣れ、とくに仕事を終えてからの家での行動が早くなった気がします

お腹を空かせた子供たちに早くご飯を!!という気持ちですね。

子供が病気になったら

これは、もう、働くお母さんお父さん、みんな悩む課題ですよね。
うちは、子供が小さいうちは、休みをカバーしやすい職場を選びました。
みんなが子育て世代、小さい子供がいて休む人も多く、そんなときは「いいよ!今日は私がやるから大丈夫」と言い合える職場でした。
子供が大きくなってから正社員へと変わりましたが、やはり、社員になってからは休みずらいというのは、感じましたね。
普段、病気をあまりしない子供ですが、インフルエンザの時は、さすがに、1日目は休みを貰いました。
職場に迷惑掛けないためにも予防接種はしていましたが、なる時はなるんです!!
そんな時は仕方ない!! 子供が一番です。という気持ちで休みます。

共働きで子供に寂しい思いをさせているんじゃないかと悩むお母さん多いと思います。
でも、色んな理由で共働きをしないといけない家庭も多いと思います。
子供の成長と親の葛藤と育児はずっと難しい!!
と思って私も毎日、過ごしています。

ゆっくら

投稿者プロフィール

毎日、うるさい元気な男の2人を育てるママです。

この著者の最新の記事

関連記事

口コミ大盛況グッズ


ページ上部へ戻る