a0777_000002

子供の習い事、何か習わせたい!みんな、やってるから・・・
習い事といっても、学習塾・空手や柔道・卓球・テニスなど運動系・絵や造形などの文科系。
幅広く、色んな習い事ありますよね。
我が家の男2人兄弟が体験した習い事についてお話します。

空手教室

始まりは、保育園のお友達に誘われたことでした。
延長保育仲間だったこともあり、親子共々仲良くさせてもらい、いつも話をしていました。
「平日だと、仕事遅くて、この時間からできる習い事ないもんね」

そんな友達が入ったのが、地域の「空手教室」夜の19時からということもあり、さっそく、体験参加へ。
礼儀から始まり、怖そうな先生はふざけていると、げんこつを落とすという、ちょっと懐かしい親父感。
でも、厳しい練習だけでなく、鬼ごっこや、大きいお兄ちゃんお姉ちゃんが小さい子を面倒みるという相手を思いやりあう精神も育つ環境。
さっそく、我が家の長男も入会。

6年ほど続けて中学へ上がる時には、バレーをやりたいと、やめました。
それでも、ひとつのことを続ける自信や、試合で負けても負けても、頑張る根性はついたような気がします。
負けん気の強い子は、伸びしろがあったような気がします。
家の子は、負けても「負けちゃった~」と笑っている子だったので、必死で練習する感じではなかったです。

サッカー

a0001_009737
こちらも、学校のお友達に誘われて入会。
入ってから、気づきます。そう、うちの子供は運動神経が悪い!そして、鈍い!
ボールを追いかけ、自分の足に躓いて転ぶというコントのようなことを繰り返します。
小さな体育館でやる遊ぶサッカーだったので、試合なども参加することもなく、2年ほど続けてやめました。
通うのもちょっと遠い場所だったので。

絵画教室

a0002_008191

こちらは、次男君。
運動も苦手。人見知りも激しく、友達作りも苦手。
そんな彼に少しでも、共通の趣味を持つ友人を作ってあげたくて入会。
友達作りはともかく、こちらは成功でした。
もともと、大好きな絵画や造形。一人でもくもく作業。
毎週、楽しみに通っていました。
教室でまとめてコンクールなども出展してくれて、賞をとるたびに、恥ずかしそうにしながらも嬉しかったようです。
ずっと続けていたかったのですが、こちらも先生の引っ越しで教室がなくなり、今は、新しく絵画教室を探しているところです。

進学塾

a1020_000056
こちらは、受験に必須。
周りも入るので、焦って入る感じでした。
入らないとやばい。と思っていたような節もありましたね。
こちらは、毎月、高額。月謝や定期のテスト・講習・テキスト代で、なんだかんだ毎月5万かかっていました。
成績は振るわず、志望校は逃しましたが、塾に行ってなければもっとダメだったのかと考えたら、仕方のない出費だったかな、と思います。
こちらは、勉強方法や、個人授業など、本人に合ったものを体験して決めるのが一番いいと思います。

学研

こちらは、小学校の間に二人ともお世話になっています。
学研や公文といえば、地域の習い事という感じがしますよね。
うちは、ここでとても良い先生に出会えたことで、二人とも、成績も伸び、さらに、「学校帰りに学研に行きたいから、学校に行く」という不思議な気持ちが芽生えていたようです。
親である私の心配も心からしてくれる素敵な先生で、出会えて本当に良かったと思える場所です。
こちらも、先生によって、かなり勉強法が違うと思うので、体験して決めるのが良いかもしれません。

英会話

これは、もう、習ったというか、高い月謝と高いテキスト代払って何しにいったのか、というくらい無駄な出費でした。
地域のお母さんの繋がりで、入ったのですが・・・
先生が、日本語を話せない為、英語を全く知らない子供たちとのコミュニケーションがまず、すべて身振り手振りのジェスチャーから始めるという・・・
結局、半年ほどで、子供も飽きてしまい、英単語すら身につかず、終わりました・・・

以上、我が家の習い事事情です。

 

aozora0729IMGL8753_TP_V

色々やってきましたが、結局は、子供が興味があって没頭できるか!!それに尽きますね。
お付き合いで入っても、続きません。
身につくことは、子供自身が、興味を持ち、真剣に取り組んだから。
失敗もしながら、体験を繰り返し、いい出会いを見つけられるといいな、と思います。

ゆっくら

投稿者プロフィール

毎日、うるさい元気な男の2人を育てるママです。

この著者の最新の記事

関連記事

口コミ大盛況グッズ


ページ上部へ戻る